PARCUSSIONAIREJAPAN

IPV®について

about IPV®

排痰のポイント

Drainage

IPV®療法で排痰を効果的に行うポイント

01
IPV®の特長
分泌物の流動化
分泌物排出作用の活性化
酸素化改善
無気肺の改善
02
IPV®の最適作動圧
成人:30~40psi
小児:20~30psi
03
IPV®の使用頻度と効果
効果パーカッション頻度設定
分泌物を流動化高頻度(約300回/分)
分泌物の排出を活性化中頻度(約200回/分)
さらに分泌物の排出を活性化低頻度(約100回/分)
04
SP02の改善+排痰効果をアベレージに受ける場合
成人の場合:作動圧30~40psi 中頻度(約200回/分)
小児の場合:作動圧20~30psi 中頻度(約200回/分)
05
排痰・吸引のタイミング
IPV®導入中でも痰が出る兆候(音や動きなど)があればIPV®を中止し吸引を適宜行ってください。
06
ネブライザーの薬剤/水分
約20ccのネブライザー液がなくなるサイクルを1シリーズ(約15~20分)とし、1日3~4回行います。
07
処置後
パーカッション療法後も分泌物は出やすい状態になります。(IPV®使用後は30分ぐらい様子を見てください。)
レンタル商品のご案内 各種資料
ページトップへ